修理店を利用する方法とは?

直接来店して申し込む方法


iPhoneの修理店が近くにある場合は、直接来店して修理を申し込むのがおすすめです。事前の見積もりで、目安となる修理時間と費用を教えてもらえます。修理の内容によっては、数日かかることもあるので注意しておきましょう。ガラス割れやバッテリー交換なら30分ほどで終わります。閉店間際や受付が混み合っていると、後日受け取りになることもあります。受付をスムーズに行いたいときは、事前に電話で故障具合を伝えておくと良いでしょう。予約に対応しているお店なら、修理の待ち時間も短縮できます。複数箇所の修理で割引してくれるところもあってお得です。保証があるお店なら、修理後に不具合が出ても無料ですぐに対応してもらえます。

端末を郵送して申し込む方法


iPhoneの修理店が近くにない場合は、端末を郵送して申し込むのがおすすめです。まずは電話かメールで問い合わせて、申込書をサイトからダウンロードしましょう。サイトによっては、専用の申し込みフォームが用意されていることもあります。申し込みが終わったら、端末を梱包してお店へ郵送しましょう。修理が終わり次第、端末を自宅まで返送してもらえます。料金は銀行振込や代金引換、クレジットカードに対応しているお店もあって便利です。早いところでは、端末が到着した日にすぐ修理を行ってくれます。遅くても1週間前後には受け取れるはずです。故障状況によっては初期化が必要となるので、事前にデータのバックアップをとっておきましょう。

iphone6sの修理が可能な街中の修理ショップは多くありますので、部品や電池在庫があれば即日・翌日には普段通りに使えるようになります。