修理店を使うデメリット

iPhoneの修理対応の実情


スマートフォンが普及をして10年以上が経過をしており、人によっては今のスマートフォンが5台目、6台目と言う方も少なく無いのではないでしょうか。特に日本の携帯電話会社は2年縛りの契約となる事が多く、本人が意図していなくても結果的にスマートフォンの乗り換えを定期的に行なっている方が少なくありません。結果的にかなりの数が普及をしているスマートフォンですが、その中でも日本国内で半数前後のシェアを獲得しているのがiPhoneです。iPhoneは非常に普及をしている一方、正規のメーカー修理だけでは到底、賄いきれないのが実情と言えます。その為、日本国内にはiPhoneの修理ニーズに応える為に数多くの修理店が存在し、修理対応を行なっています。

メーカーやキャリア側のサポートプランに影響


iPhoneの修理店は街中にある為、気軽に使えますし、何よりも価格が安いのが魅力です。しかしながら、注意しなければならないデメリットもあるので、しっかりと押さえましょう。そのデメリットと言えるのが、メーカーやキャリア側で提供しているサポートサービスの優遇が受けられなくなる可能性があると言う点です。メーカーやキャリア側のサポートプランは正規ルート以外の街中の修理店利用は対象外とするケースが多く、仮に正規店以外で修理を行った状態でiPhoneを持ちこんでも、無償サポートを受けられ無くなってしまいます。メーカーやキャリア側のサポートプランに加入している方は注意をしましょう。反対にメーカーやキャリア側のサポートプランに加入していない方の場合には関係が無いので、このデメリットの影響は受けないと言えます。

iphoneが起動しない経験をした事ありませんか。起動しない場合、いくら自力で治そうとしても治すことは困難です。近場に店舗がある方は直ちに近場の店舗に相談しましょう。