直営店や正規取扱店の利用方法とは?

直接訪問あるいは事前予約をして利用しよう


iPhone修理をメーカーが認める正規の手法で行う場合、大きく2つのやり方があります。1つはメーカーの直営店に持ち込むと言う方法、そして、もう1つはメーカーが認めている正規取扱店に持ち込むと言う方法です。いずれも、非正規店とは異なり、メーカーが設けている基準に到達しており、修理をする際のパーツも正規のモノを使用しています。修理が原因でトラブルに見舞われるリスクは最小限に抑えられるので、安心して利用したい方には最適な選択肢と言えるでしょう。実際に直営店や正規取扱店を利用する際には直接、店舗に持ち込めば、受付順で修理を行なってくれますし、店舗によっては事前に予約をしておく事も出来ます。忙しい方も安心して利用が出来ます。

公式サポートページから簡単に検索可能


余程のファンで無い限り、どこに直営店があり、正規取扱店がどこなのかを把握はしていないでしょう。実際、多くの方は故障をした際に持ち込むか、新製品が出た際などに立ち寄る程度の方が多いので、どこにあるのか分からないのも無理はありません。どこに直営店や正規取扱店があるのか分からない方はメーカーのサポートページから探す事が可能となっているので、近場の店舗を簡単に探す事が出来ます。また、サポートページ内では事前の修理予約が可能な店舗か出来ない店舗かも一覧でチェックする事が出来るので、わざわざ、1店舗ずつチェックをする必要がありません。手間なく、修理窓口までたどり着けるは利用者としては魅力的と言えるでしょう。

iphone6sのバッテリー 交換は、街中のiphone専門店で5000円くらいの料金で可能です。使用方法にもよりますが、大体2年ほどが交換の目安になります。