直営店や正規取扱店を利用するデメリット

価格の高さは無視出来ないポイント


iPhoneの修理は大きく分けて、メーカー正規修理とメーカー非正規修理の2つがあります。メーカー正規修理はメーカー正規の安心感が得られる反面、デメリットもあるので、利用をする際にはしっかりとデメリットも理解をした上で利用をする様にしましょう。まず、メーカー正規修理を行う事が出来る場所は直営店と正規取扱店の2か所がある事を押さえましょう。名称や実施をしている事業者の違いはありますが、いずれもメーカーが認めるクオリティの修理を受ける事が出来る点において違いは無いので安心感はあります。ただし、非正規の修理店と比べて圧倒的に価格が高くつくので、利用の際には注意が必要です。例えば、ガラスのひび割れ修理だけを見ても倍以上の価格差となる事が多くあります。

利用のしやすさにも注目


修理の価格と合わせて、直営店や正規取扱店のデメリットとなるのが、利用のしやすさです。iPhone修理を行える非正規の修理店は直営店や正規取扱店の数と比べると数十倍の数に及びます。直営店や正規取扱店が無い地域でも非正規修理店ならあるケースは多くあるのです。また、店舗数が多いと、仮に混雑をしていた場合でも、近場の空いている店舗に移動をすればスムーズに利用が行えるメリットもあります。この様に利用のしやすさに関しては直営店や非正規修理店にデメリットがあると言えるでしょう。正規修理店、非正規修理店は見方によって、それぞれにメリット、デメリットがあり、一長一短と言えます。特徴を押さえて納得感を持って利用する様にしましょう。

iphoneの充電ができない場合は、充電部分の端子が歪んでいるケースや、電池が寿命になっている可能性もあるので、部品や電池の交換が必要になる事もあります。